今旬な話題をお届け!

逮捕に関するまとめ

(0件中 1-20件)

「逮捕」とは被疑者の身体拘束と一定期間の留置を内容とする。 主な目的は、犯罪の証拠隠滅を防止することと、被疑者の逃亡をふせぐことにある。 「逮捕」の意味は刑事手続の制度により大きく異なり、日本法の「逮捕」における引致は捜査官のいる場所への引致にあたる。 「逮捕」には憲法上、3つの種類があり、「令状による逮捕(通常逮捕)」「現行犯逮捕」「緊急逮捕」がある。 検察官・検察事務官・司法警察職員がなす場合、裁判官があらかじめ発した令状を必要とする(刑事訴訟法199条)。 しかし、現行犯は逮捕状なしで逮捕できる。 現行法上、逮捕による身柄の拘束時間は原則として警察で48時間・検察で24時間の最大72時間である(検察官による逮捕の場合は48時間)。

Dailyランキング

Weeklyランキング

Monthlyランキング