今旬な話題をお届け!

【ネタバレ】5万部を超えた『文庫X』禁断のタイトルを大公開!あらすじとレビューを確認して書店へ出かけよう!!

ワイドショーなどでも取り上げられ話題となった『文庫X』。決して『文庫X』というタイトルの本があるわけではなく、表紙も何もかも隠されたまま販売されている謎の本。なのに販売数は5万部を超え、今も伸び続けているのです。禁断のネタバレとも言える、この『文庫X』のタイトルを公開いたします!あらすじとレビューを読めば、あなたもきっとこの本が読みたくなるはず!?

  • 記者ひじき
  • 2016.12.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 29,858

    view

  • タイトルも分からないのに5万部超えの大ヒット!?

    出典: pds.exblog.jp

    岩手県盛岡市にある『さわや書店フェザン店』。

    このお店を知っていますか?と聞けば
    多くの人が知らないと答えると思います。

    しかし、『文庫X』の生みの親がいるお店ですと
    説明すれば心当たりのある方も多いのではないでしょうか!?

    版元が仕掛けたわけではなく
    地方のある書店がきっかけとなり、
    今では30都道府県の200店舗以上で
    販売されているという『文庫X』。

    その販売数はすでに5万部を超えているそうです!!

    『文庫X』って一体何!?

    出典: mixuply.com

    価格は税込みで810円。
    ジャンルはノンフィクション。
    そしてページ数は500ページ以上。

    購入する際に与えられる情報はたったこれだけ。

    タイトル、著者名、出版元を全て隠すために
    手作りのブックカバーを付けて販売された本。

    それが『文庫X』という本。

    一見悪ふざけとも思えるこの販売方法ですが、
    納得できる理由がそこにはあったのです。

    情報を隠して販売する理由とは!?

    出典: mixuply.com

    「先入観にとらわれずに読んで」という想いを込めて
    ブックカバーを被せることにしたという店員の長江貴士さん。
    この方が『文庫X』の生みの親であり、仕掛け人なのです!

    しかも、昨年9月に入社したばかりというから驚き!

    この方の行動力も素晴らしいですが、
    常識を覆すような思い切った発想を採用した
    店舗の対応も素晴らしいですね!!

    ちなみに版元の出版社と著者から
    ちゃんと了承は頂いているそうですよ!

    ネタバレ注意!『文庫X』禁断のタイトル公開!!

    元々タイトルを隠して中身で勝負したいと考えて
    ブックカバーを付けられたのが『文庫X』ですが、
    今や名実ともに評価されることとなった中身の本を
    『あえて買うために』中身が知りたいと
    思われる方も多いのではないでしょうか。

    そんな方のために、禁断のネタバレ…
    『文庫X』のタイトルを公開したいと思います!!

    『文庫X』は…『殺人犯はそこにいる』だった!

    『文庫X』の中身は…
    『殺人犯はそこにいる 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』

    作者は清水潔さん。
    新潮社から2013年12月18日に出版された作品です。

    確かにタイトルを聞くとパッとしませんね…
    そして、わざわざこれを買いたいという
    気持ちにはなりにくいかもしれません。

    この『殺人犯はそこにいる』はどのような内容なのでしょうか!?

    作者紹介

    清水潔 シミズ・キヨシ

    出典: i.ytimg.com

    清水潔 シミズ・キヨシ

    1958(昭和33)年、東京都生れ。ジャーナリスト。新潮社「FOCUS」編集部を経て、2015年7月現在は日本テレビ報道局記者・解説委員。2014年、『殺人犯はそこにいる』で新潮ドキュメント賞、日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞。著書に『桶川ストーカー殺人事件 遺言』。

    出典:清水潔 『殺人犯はそこにいる―隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件―』 | 新潮社

    『殺人犯はそこにいる』あらすじ

    5人の少女が姿を消した。4人が殺され、1人が今も行方不明のままのこの大事件を追う記者が直面したのは、杜撰な捜査とDNA型鑑定の闇、そして司法による隠蔽だった――。執念の取材で冤罪「足利事件」の菅家さんを釈放へと導き、真犯人を特定するも、警察は動かない。事件は葬られてしまうのか。5年の歳月を費やし、隠された真実を暴きだす衝撃作。

    出典:清水潔 『殺人犯はそこにいる―隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件―』 | 新潮社

    『殺人犯はそこにいる』のレビューは!?

    amazonにて140件を超えるレビューが
    書かれている『殺人犯はそこにいる』ですが、
    なんとその評価の平均は最高5のうち4.7!

    これはかなりの高評価となります。
    実際に読んだ人はどのような感想を感じたのでしょうか。

    これは、「本」という形の「叫び」である。面白い、面白くない、という書評の対象をはるかに超えた、真摯な取材に基づく訴えなのである。
     是非、是非、1人でも多くの方に読んでいただきたい。 著者の報道記者である清水潔氏に、深い敬意を寄せたい。

    出典:Amazon.co.jp: 殺人犯はそこにいる―隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件― eBook: 清水 潔: Kindleストア

    第三者の中立機関であるはずの科警研が、検察とグルになっているような気がしてならない。

     とにかく清水記者が暴き出す事実は驚愕の連続なので是非読んでほしい。

    出典:Amazon.co.jp: 殺人犯はそこにいる―隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件― eBook: 清水 潔: Kindleストア

    警察組織が絶対に正しいという前提で犯罪捜査を行っていることが分かる。冤罪がいつ生み出されても不思議では無い。
    無実の人間を刑務所に送り、真の殺人犯は野放し。
    真犯人を逮捕する時が来たとすれば、警察組織にとって不都合な真実を認めたときしか無いのかもしれない。
    真実を求める被害者遺族の思いを無視し、解決しようとすればできる可能性があるにもかかわらず、保身に徹する警察組織。
    その警察が発表する内容しか書かないマスコミ。
    いろいろな意味で恐怖と怒りを覚える。

    出典:Amazon.co.jp: 殺人犯はそこにいる―隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件― eBook: 清水 潔: Kindleストア

    読む間もずっと、そして、読了してなお、著者の思いに心を動かされっぱなしだ。喜怒哀楽の全てが本書にはある。

    出典:Amazon.co.jp: 殺人犯はそこにいる―隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件― eBook: 清水 潔: Kindleストア

    どれも心を揺れ動かす力を持ったレビューですね…!!

    あらすじとレビューを読み、興味を持たれた方には
    ぜひこの本を手に取って頂きたいと思います。

    名作は著者が生み出し、出版社と本屋が届ける

    出典: ze-ssan.com

    ただ貪欲に真実を求め、純粋に訴え続けた
    『殺人犯はそこにいる』という作品。

    本当に素晴らしい内容でありながらも
    なかなか手に取りづらいものとなってしまった背景には
    分かりやすい娯楽を求める昨今の風潮があるのかもしれません。

    作品は悪くない、もちろん装丁も悪くない。
    ただ、需要に噛み合わなかっただけ。
    そこに1つのきっかけを与えたのが『文庫X』でした。

    今後、第二、第三の『文庫X』が出現するかもしれません。
    その時にはまたワクワクしながら手を伸ばしてみたいと思います!

    この記事を友達に教える
    • つぶやく
    • シェア

    同じカテゴリーの記事

    やっぱりヤクザ!!当時の島田紳助の姿は、ヤクザそのものだった!現在の状況を週刊文春に4時間激白した!!

    島田紳助のプロフィールから初めて、芸能界での活躍ぶりをまず紹介します。東京03に大激怒した事件、暴力団との親交ぶり、などやっぱりヤクザだったことが芸能界引退理由のようです。現在は宮古島で、優雅に暮らしていると言われている島田紳助の今についてもご紹介します。

    2017.11.15

    大塚範一キャスターの2017年現在は?白血病で闘病中も独身のため看病は誰が?既に死去したって本当?

    大塚範一さんは「めざましテレビ」の顔を務めていたキャスターですよね。そんな大塚範一さんですが白血病になり治療をしていましたが、その後はどうなったのでしょうか?2017年現在はどうされているのでしょうか?既に死去したとの噂も流れているようなので調べました。

    2017.11.15

    千野志麻の人身事故から3年たった現在は?賠償金の支払いは文字事罰は下る?エリート夫の癌は回復?子どもは慶応?

    元フジテレビアナウンサーの千野志麻が起こした人身死亡事故から3年。現在の千野さんの様子はどうなのでしょうか?支払った賠償金や裁判費用は?速水もこみちには懲役2年執行猶予3年の判決が下ったのになぜ千野志麻は賠償金だけなのでしょうか?エリート夫の経歴なども一緒にまとめました。

    2017.10.13

    関連記事

    山田涼介主演の映画に暗雲が?!業界内のウワサや事務所の対策とは?

    東京国際映画祭のオープニング作品として上映された山田涼介主演の『鋼の錬金術師』、通称『ハガレン』に早くも暗雲が?!山田涼介の他、出演の豪華俳優陣の紹介!そんな山田涼介に囁かれている業界内のウワサとは?また、映画雑誌の表紙にするなどジャニーズ事務所から配給会社各社に通達が?あらすじや役柄やについても詳しく見ていきましょう!

    2017.11.04

    【中村光】あの人気ギャグ漫画『聖☆おにいさん』がついに実写ドラマ化!!ブッダとイエスを演じるのは誰なのか!?気になるキャストを予想していみた!!あらすじ・登場人物紹介つき【実写化】

    独特の世界観が人気のギャグ漫画『聖☆おにいさん』の実写ドラマ化が発表されました!あの神様たちを演じるのは一体誰なのか!?あのハリウッド俳優が登場するかも!!

    2017.08.11

    関連するキーワード

    キーワードからまとめ記事を探す

    Dailyランキング

    Weeklyランキング

    Monthlyランキング