今旬な話題をお届け!

「GOSICK」のイラスト担当・武田日向が死去 死因は?年齢は?桜庭一樹が報告

「肺胞出血」を引き起こす病気とは?武田さんの死去について、まとめてみました。

  • t5_n2__
  • 2017.05.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 79

    view

  • 武田日向のプロフィール

    武田日向(たけだ ひなた)
    職業:漫画家
    死没:17年1月
    姉妹:千野えなが

    死去していた

    漫画「GOSICK」シリーズのイラストを担当した武田さんが、

    病気のため、死去していたことが分かりました。

    「ドラゴンエイジ」6月号に訃報が掲載されています。

    公式ブログで報告

    ブログ「GOSICKで」で、

    桜庭一樹さんが、死去を報告しました。

    出典: jin115.com

    「武田日向さんとは、小説家と絵師として、一緒にゴシックワールドを創ってきました」とし、

    「なんと密で大胆な絵か…! 負けないようにとがんばって書くのですが、イラストはそれを軽々超えて、届き、届き、届き続けました」としました。

    また、「ゴシックの絵を描いていただけたのは、2011年のことでした」と明かし、

    「ご体調が万全ではない中、渾身の力で完成させてくださったのだと、聞きました」「いま、胸の中を探すと、感謝と尊敬の気持ちしかみつからない」と綴りました。

    年齢は?

    88年生まれの享年29歳だったようです。

    死因は?

    死因は、「肺胞出血」だということです。

    どんな病気?

    肺の「肺胞」の毛細血管から出血する症状で、

    薬剤以外では、グッドパスチャー症候群や膠原病が、引き起こします。

    症状は?

    「咳と一緒に血が出る」「痰に血が混じる」「黒い痰が出る」「息苦しくなる」「咳が出る」などがあります。

    重症化すると呼吸困難になり、死に至ることもあるそうです。

    まとめ

    享年29歳という若さでの死でした。

    果たして、何の病気だったのでしょうか?

    心よりご冥福をお祈りします。

    この記事を友達に教える
    • つぶやく
    • シェア

    同じカテゴリーの記事

    関連記事

    関連するキーワード

    キーワードからまとめ記事を探す

    Dailyランキング

    Weeklyランキング

    Monthlyランキング