今旬な話題をお届け!

納得いかないじゃないか!【史上最も高難易度の2016年NHK紅白歌合戦をテレビなしでも簡単理解!】

SMAP、和田アキ子の不在、朝ドラヒロインが熱烈な抱擁でブーイングの嵐、PPAPの歌のカット、ダブルスコアで白組有利からの紅組大勝利、そしてステージが光り輝くムラサキウニの内部・・・と今回は例年になく、わかる人しかわからない難易度をさらに備えたともいわれるNHK紅白歌合戦♪そんな紅白を、テレビがなくても理解できる程度に簡単かつ非常に雑で安易にまとめてみました。

  • pamusement
  • 2017.01.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1163

    view

  • 2016年の紅白は、歴史的紅組勝利!

    (これが2016年の年の瀬にふさわしい、NHK美術が総力を結集してつくりあげたウニ。
    「神々しい」という声もあったものの、下世話メディアからは「ウニだろ」「エロいな」という声しきり。

    ちなみに色が入って、内部が変化すると下のように大化け・・・)

    この後半前半部分、星野源のステージ画像の中にすでに、紅組勝利への黙示が・・・???

    赤が上で、白が下、そして踊らされていると!!

    そのうえエロ過ぎると!

    いずれも赤組VS白組で
    会場審査で870票:1,274票
    視聴者審査で2,527,724票:4,203,679票という素人投票がある中、ボールの数は9:6個と、絶妙の「統計的采配」を見せてくれたNHK技術の下でがんばるNHK制作・・・

    「まさかのアメリカ合衆国大統領選を、NHKホールでも複線的に再現するなんて」
    「いまわかったぞ! 歌合戦というスタイルをつかっての、年間ダイジェストか!」

    と、技術も含めたゲイの高さについて、日本国内から海外の、数多くの労働組合や各国宗教団体からも絶賛されています。

    さすがNHK。

    同時間に被るCDTVでは一年の歌だけを振り返っていますが、紅白歌合戦では海外中継をふくめて、ネタのスケールも再現規模も超BIG!

    出典: bgwall.net

    なんていう手を使うんだ・・・

    出典: babymetal.net

    個人的には赤色のどーもくんの口の中は赤いということと、どーもくんはどうやら、向かって右側が赤いということが新発見でした。

    (こちらの宣材も、明星平凡超えした画ということで話題でした。金を持っているテレビ局という以外の面でも、職権上、うらやましい設定にあふれていますが、それ以上にこの企画力、中継力はことしもさすが)

    どーも君の並びと、スター司会者2人の並びも違うみたいです。
    典型的明星平凡表紙並びで、今年も春から縁起がいいや!

    シュールですね。

    そんなクスリと笑えるネタを仕込みながらの紅白歌合戦。

    その注目ポイントを見ていきましょう。

    出典: this.kiji.is

    そんな紅組勝利の直後に幕を開けた2017年元日は、渋谷のスクランブル交差点が初の歩行者天国化。

    終電前や週末、ハロウィンなどいつもの渋谷には決して見られない年代による、独特な盛り上がりの渋谷駅前があらわれました。

    もうどうでもいいのですが、交通安全日だけにこういったイベントは絞っていただきたいですね・・・

    多くの人が集まる新年カウントダウン時の渋谷スクランブル交差点は、これまで数々のスポーツイベントやハロウィンなどの試行を経て、今回初めて歩行者天国となりました。

    渋谷駅周辺にはこのときを見ようと新年を祝う人が多数。

    12月31日午後10時半から歩行者天国が開始、新年を迎えた瞬間には、大きな歓声が。

    そんな紅白中、真面目な話題で注目のポイントは?

    特上ネタ(松竹梅の松コース)

    ◆◆◆◆◆   独占ネタ! ポールマッカートニー2017年 来日   ◆◆◆◆◆

    ビートルズ初来日の1966年から50年。
    独占スクープでメンバーだったポールマッカートニーの来日を紅白中で発表。

    ネットのみならず電話で拡散させるほどの一大スクープとなった。

    ◆◆◆◆◆   新垣&オールスターのプチ 恋ダンス   ◆◆◆◆◆

    2016年の話題総なめ、TBS『逃げるは恥だが役に立つ』の恋ダンスは放送局を超えて、国境を越えて、各所で大ブームでした。

    そんななか、「紅白歌合戦でみられるらしいぞ!この一瞬を見逃すな」として前評判から視聴者があふれかえっていたのが審査員席にいた「新垣結衣の恋ダンス」

    本当の一瞬ですが、満腹感の高い映像だった模様です。

    ◆◆◆◆◆  ことしの司会、 可愛すぎないか?  ◆◆◆◆◆

    出典:youtube

    ネットでも、大手メディアでも話題の有村関西弁

                2016年でもっとも撮影困難だったかもしれない、エロくない美ワキ。

    出典: prcm.jp

    相葉が猿にかかりきりになっている時間帯にも・・・

    ・・・仲間がジャニーズカウントダウンから応援してくれた・・・

    相葉:「みなさんの素晴らしい歌の力のおかげでなんとかここまで司会を務めさせていただくことができました」

    出典:マイナビニュ―ス

    相葉:「夢は人が前を向いて生きるために絶対に欠かせないものです。僕たち嵐5人、歌で届ける夢がみなさんの心に届いて明日の力になりますように」とメッセージ。「嵐×紅白スペシャルメドレー」として、「A・RA・SHI」「Happiness」「One Love」の3曲を披露し、相葉は途中で涙ぐみ、最後にガッツポーズも見せた。

    出典:マイナビニュ―ス

    司会が発表された日には、「相葉はなんでいきなりピンで、しかもNHKで司会?他のメンバーと違って特別扱いすぎる」「有村架純ってなにか話題あったっけ?(次の朝ドラ)」など酷評されまくっていた2人。

    ですが終わってみると話題たくさん、そして好感度UP↑↑↑↑↑という方が世代を問わず数多くありました。

    こうした人選もさすがですね♪

    ◆◆◆◆◆ PerfumeではVR系の先端技術 かつ テレビで載った! ◆◆◆◆◆

    Perfumeさんの、ステージ以外のみえざる活躍(テレビや電波ほか)は音楽界でも、一般人のあいだにも、むかしからひろく評判です。

    が、そんな彼女たちの日常のパフォーマンスをより引き立ててくれる、赤×金。
    衣装も「らしい」かっこよさです。

    いま、こちらにのこるレベルの技術さんたちにもいろいろとあこがれている人も少なくないのが、VR新手法のオプティカルイリュージョンとそのレベル。

    これをあらゆるテレビで再現できるようにしているさまざまな調整について、またその芸術性の高さと、ホールというとても動的な環境で行う点に関しても、海外メディアからの取材では、Perfume側、NHK側双方へ、絶賛の嵐でした。

    このためだけに特派員をよこしていた国も多くあったことからも、注目のステージでした。

    ◆◆◆◆◆   デビュー20周年のPUFFY は 破壊力もアクセスもすごい   ◆◆◆◆◆

    nhk紅白ということもあり、TPOを読み切ったファッション秀逸! で一番目立っていたかもしれません。
    品のあるカジュアルで華やかさも◎

    PUFFYはだるく見えてもずっとこのレベルで20年なんですね・・・

    じつは紅白初出場。


    一流芸能人のボヤキでは「あんなにだらだらやってるのに何がすごいのかわからない」といわれながらも、日本のキー局はじめ、海外でも、もともと「スゴイ数字」の取れる歌手。

    今回の紅白でも、民放ですら時間帯的に「なぜか」持ち上げてしまうほどの、伝説的視聴率アクセスへの「ソコヂカラ」が期待されていました。

    コンビニの名前かと一瞬そらめする歌詞と、すっかり中年なのにだるいかんじの歌い方は健在で、テレビでもネットでも話題でした。

    ◆◆◆◆◆ 君の名は 特別編集版+初出場RADWIMPS ◆◆◆◆◆

    出典:youtube

    RADWIMPS(初)「前前前世 original ver 」紅白歌合戦

    http://wp.me/p753AI-2o

    予告通り、新海監督自らが選んだ特別編集版の公開と活きたサウンドの両方がたのしめるステージ・・・

    そんなオタのために伏線的にお知らせしておきますと、昔、駿とASKAの「反原発(?)」作品といわれていた短編・・・
    前回のASKA逮捕でお蔵入りとなった宮崎駿監督アニメ「On Your Mark」などがこれまで存在してきました。

    コンサート会場でみられる異色のコラボ作品としても話題でしたが、2016年に関しては別の意味で話題でした・・・

    さすがNHK。ダイジェスト内でもある意味ビッグな踏襲を・・・

    英単熟語の On Your Mark=り苦情競技のことです。

    今回、特別映像があることで、日本のみならず海外ファンからも支持が高かったのが君の名は新海誠監督特別編集の前での歌唱。

    いったい何度見返したら※ 紅白のすべてが見尽くせるのか、ことしもわからないほどの多彩な魅力です。


    ※NHKの番組はいずれもリハーサルの回数がとても多いことで知られますが、ことしも通しリハーサルの合間にも、にぎやかしく、多数の風景が見られました。これが全体画の高品質につながっているのですね!
    このリハーサルの手まの多さを「あれだけ練習してから中継するんや、あいつら汚いやろ」という人もありますが、ある意味疑問ですが、ある意味ごもっともです。

    この記事を友達に教える
    • つぶやく
    • シェア

    同じカテゴリーの記事

    関連記事

    関連するキーワード

    キーワードからまとめ記事を探す

    Dailyランキング

    Weeklyランキング

    Monthlyランキング