今旬な話題をお届け!

2017年お正月 1月1日版【テレビはこれだけ見ておけば大丈夫!】話題にノレル 絶対のおススメテレビ番組を一挙紹介

お正月休み明けの話題は、毎年成人式ごろまでほぼ、正月テレビの話題が圧倒的ですよね。営業先で、ランチタイムに、飲み会のネタにと、社会人としても、コンパ担当としても一通り押さえておかなければならないのがテレビからのエンタメ情報。ですが、見るべき番組を絞るのはなかなか大変。そこで今回は、お正月明けにお得意様に、またママ友に、コアなマニアにつっこまれてもほぼ対応できそうなお正月のとってもスペシャルな特番を、gozzipが業務の片手間に・・・いえ、真剣に厳選してみました。

  • pamusement
  • 2017.01.31
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1454

    view

  • 目次

    出典: ironna.jp

    明けましておめでとうございます。

    昨年も、例年同様に、さまざまの各業界担当者に一方的にケンカを売られ、一方的に嫌われ、あげくにお前が裏切ったんだろと絶叫される毎日で、銃声を幾日も聞きながらの中、その方面の皆様には多大なご迷惑を・・・かけられています。

    いいえ、芸能界ではそんなゴシップが2016年は本当に大量に!

    本年も皆様にとって充実した一年となりますよう祈念しがてら、「DEN*SUの年末の究極社芸~土下座祭りで全力失踪~」にちなんで、2017年の年の始まりをエクストリーム土下座をもってのご挨拶とさせていただきます。

    変わらぬご厚誼のほど、よろしくお願い申し上げます。

    出典:youtube

    ※ 電通の真の宴会芸は、どちらかというと、ロケット花火を尻につっこむ系ではなく、このエクストリーム土下座のような気がしてなりません。 


    ロケット花火や手持ち花火のほうが、硫黄やリン分が多そうな人すらあるくらいです・・・!!?

    これぞエクストリーム。

    うっかり社名を出してしまい、まことに申し訳ございません。

    □報堂ともことなり、それぞれが独自の文化基盤を提供しなければならない広告代理店、その社風はひとことで語りつくせるもの、簡単にみてとれるものではないものと思われます。

    出典:youtube

    祭りばやしが聞こえる  萩原健一

    ずいぶん年配ごのみの作品ですが、「ショーケンは」かっこよすぎてずるいですね。 そんなショーケンとは関係なく、除夜の鐘をききがてらなぜか「どうして我々が謝罪されながらこうならなければならないのか」を、いらいらしながら感じていた人も多いかもしれません

    さて何を言っているのかよくわかりませんが、今年もお正月。

    毎年、休み明けの話題は、成人式ごろまでほぼ、正月テレビの話題が圧倒的ですよね。

    営業先で、ランチタイムに、飲み会のネタにと、社会人としても、コンパ担当としても一通り押さえておかなければならないのがテレビからのエンタメ情報。

    ですが、最近のテレビ番組表は、BS各社やネット系などを含めてとても大量で、見るべき番組がなかなか絞れないものです。

    そこで今回は、お正月明けにお得意様に、またママ友に、コアなマニアにつっこまれてもほぼ対応できそうなお正月のとってもスペシャルな特番を厳選してご紹介します。

    まずは1月1日版から・・・

    2017年1月1日のテレビの見どころ

    1月1日は、各局恒例のお年玉プレゼント企画のある番組から、本当の日本の芸の力を各分野で感じさせてくれる出演者を豊富にアレンジした番組などが本当に豊富。

    特に人気なのが、日本テレビの「笑点」、フジテレビの「爆笑ヒットパレード」。



    そして定番テーマの「初日の出中継」。最近は、ほかの番組内の1コーナーとなってしまい数が減りつつあるキー局が多い中でも、いまもしっかりと枠を確保しているのが、TBSの「JNN系列初日の出中継」。

    若手にはすっかりお正月の定番となっている、テレビ朝日系「朝まで生テレビ」、TBS系「CDTVスペシャル」

    家族みんなで健全に安心して視られる番組、TBS系の「ニューイヤー駅伝 全日本実業団駅伝」、NHK総合「天皇杯全日本サッカー選手権決勝」

    コアなファンをつかんで離さないスペシャル企画なのに放送があっという間で見逃し頻発のNHK総合「祝舞」、NHK Eテレ「新春テレビ体操」「おかあさんといっしょ お正月スペシャル」


    お正月からより深みにはまりたいマニアというよりキワモノ好きにも人気があるTOKYO MXの「輝け!おママ対抗歌合戦WBCワールド場末クラシック」(正式な番組名です)

    (むかしからご近所だった住友・・・の新ビルに移転することになったテレビ東京。2017年秋をめどに700mほどはなれたこちらに移ります・・・これがこれまで以上に、異常に圧迫感高。たとえるならこれまでの社屋は「ポケモンが飛び出てきそうな勢いのカワイイ社屋」ですが、新社屋は「大江真理子が『愛川欽也は私が止める』といっていた時のムードのママ、向かってきそうな勢い」すらあります。近隣住民にはつらいです。 天にましますわれらがキンキンけろんぱ、願わくば真理子を止めてください!)

    正月から通販番組や時代劇再放送が満載の局としてマニア人気も高かったテレビ東京は、新社屋移転のためか本年は一般のキー局に近い番組編成。これまで恒例だった、映画や大河、ジャニーズ他話題の俳優を豪華絢爛にちりばめた、1月2日の超大型時代劇からは撤退し、釣りバカとなりました。

    てれ東の「正統派のお正月」を待ち望んでいたふぁんとしても、またお正月から「特価でもないのに妙な盛上がりが嬉しい通販」や「正月も通常モードで時代劇再放送の嵐」が大好きだった数多くのマニア的には残念ですが、まあ視聴者とはそれはそういうお別れなのかもしれません。

    「テレビ東京通常モード」と呼ばれる、各局が、震災、墜落、噴火などの大規模緊急速報特番を組んでいるときにも、テレビ東京だけはこの通常モードでアニメ再放送などを多数配置。

    そんなこともあり、報道・情報先端派からは「さすが、日本のテレビ界のアイコン、東京タワーのおひざ元のキー局」として、ある意味恐れられる存在。

    大事件があっても夕刻のアニメをいつもどおり放送する件については、同局広報IR部より「そういうふうに見られることは承知しています」と回答。
    また同局人気アニメ『ケロロ軍曹』でもネタにされ、登場キャラクターが「テレビ東京が特番を放送するのは地球滅亡の時」という意味の発言なども。

    もともとコアな文化番組と平日の朝・昼・午後・夕・夜の執拗な時代劇枠の二面性がたまらない。。。。として全国各地から、その番組編成をこよなく愛する人が多くありました。

    この数年はゆるいおわらいに力を入れてはきましたが、やはりどこから発掘してきたのかわからない、賢くなれそうな番組、古い時代劇、古いアニメはテレ東ならでは。

    ネットに番組がまるごと投げられるほどの、イカシタCM配置センスも話題だっただけに、本年新春の決断に絶望している人は少なくないでしょう。

    年越し深夜~午前の部

    TBS系【31日  23:45~29:00  CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2016→2017】

    出典: skymao.com

    この番組を年越しのメインに据えている人も年々増えてきた、超長寿番組。
    年間を振り返りつつ、これからの期待のアーティストも一気に予習復習できちゃうところもうれしいですよね。

    ことしの目玉企画!ピコ太郎がMC初挑戦!

    (底抜けエア・・・ではなく、テレビMC初挑戦のピコ様。噛んだりこけたりしないのでしょうか?気になります)

    本年も「今年あなたが歌った歌」ランキングを大発表!あの名曲をあの歌手が、なんと!生で熱唱してくれます。

    TOKYO MX【31日   23:58~26:00  輝け!おママ対抗歌合戦 WBC ワールド 場末 クラシック2017】

    タイトルに、局側から正式にすでに「場末」と銘打たれている、TOKYO MXの超人気高齢シリーズ・・・もとい恒例のシリーズです。

    番組スタッフが全身全霊で選抜した、場末のスナックのママたちが、波乱万丈な人生歌に託して渾身の熱唱を披露する豪華絢爛歌の祭典!

    2017年は歴代優勝ママが一堂に集結しての大バトル。

    審査員は 平尾昌晃、カルーセル麻紀、玉袋筋太郎、内山信二と、どんなディープスロートマニアであっても濃密すぎて呑み込めない顔ぶれ。まだのしもちをカットせずに飲む方が簡単なくらいです。

    正統派著名プロデューサーから、今話題の「ゲイを究めた先端バイ、その第三世界の第一人者」のカルーセル真紀こと平原さん。

    (どう見ても若いときからずっと女。やはり女性美は、まいにち、一日一日を着実に作っていかないとならないものなのですね、ゲイ・バイ・ゲイ)

    そして芸能界を語らせたらたけし配下からの蓄積がすごい男玉袋、子役時代から既に中年男でしかなかっただけにおいしさの蓄積もものすごい男内山の2人と、おママの画力には全く負けないメンバーをもちろんそろえています。

    加えて司会が梅沢富美男、阿部哲子、ダイアナ・エクストラバガンザ。

    ご意見番とも呼ばれキー局でも重宝される梅沢がかすむほどの個性のダイアナなど・・・

    お正月からがっちりと、濃いめの力強い画とサウンドで元気を出していきたい皆さんにも、そして、「芸」の世界に生きて「ゲイ」だけを究めたい皆様にもいろいろと参考になる番組です。

    テレビ朝日系【31日 25:00~29:50   朝まで生テレビ!元旦スペシャル】

    1987年スタートの「真面目なのにどこかネタだらけで、毎年笑いと話題の宝庫になってしまう」深夜の討論番組。毎年恒例の「元旦SP」の2017年タイトルは「~激論!2017 ド~する?!ド~なる?!ニッポン~」天皇メッセージや各国の政治制度の激変などをうけて、これまで尽くしてきた日本にも大波乱が予想される2017年。これからどう日本は進んでいくのでしょうか?

    司会と進行は、安定の田原総一朗さんと、渡辺宜嗣、村上祐子。

    出典: rubese.net

    出演予定パネリストがまた個性的で、今年も山本一太(自民党・参議院議員、元国務大臣) 細野豪志(民進党・衆議院議員、党代表代行) 小池晃(日本共産党・参議院議員、党書記局長) 青木理(ジャーナリスト) 、 荻原博子(経済ジャーナリスト)、小林よしのり(漫画家)、 竹田恒泰(作家、明治天皇玄孫) 津田大介(ジャーナリスト、メディア・アクティビスト)。
    お正月からシリアスでもあり、かつさまざまの笑いのツボもしっかりおさえた出演者の皆様の深い見識も、やはり絶対見逃せません。

    政治家ではなくエンターティナーか劇団員としか思えない発言の皆様の高スキル感は、プロ市民でも出漁前の漁師の皆様でも大満足です

    NHK総合【31日 26:30~28:00  ヨーロッパ鉄道の旅「関口知宏が行くオーストリア・チェコ」】

    NHK屈指の人気シリーズとなった、俳優 関口知宏さんの行く旅路シリーズ。
    今年のお正月SPでは、オーストリアとチェコです。

    MCは武内陶子アナ。こちらもお正月からしっとり落ち着いた(?)時間を過ごされたいNHK女子アナファンにはおススメの、キレもありながら情緒と表現力もたっぷりの語りが楽しめます。

    NHKだけに、ハンディですらカメラワークはもう別格。このあたりも風景モノでは素晴らしいものがあり、録画必須ですね!

    日本テレビ系【31日  26:00~29:30  日本で一番早いお笑いバトル! フットンダ王決定戦 2017】

    すっかりおなじみの布団をフットバスほどのパンチの利いた、スベラナイ話ばかりが並ぶお笑いバトル「フットンダ王決定戦」
    出演者はいずれも、絶対安定の実力派揃い。
    スベラナイ話はもちろん、滑ってもなるほどおいしい話ばかりです。

    常勝次長課長・井上に、IPPONグランプリ優勝の麒麟・川島。また、初代フットンダ王のケンコバも出演?!
    博多華丸・大吉、ロバート・秋山、インパルス・板倉ら本当にあらゆる意味での実力派芸人をそろえています。

    他にも、いろいろおいしいバイキング・小峠英二、NONSTYLE・石田明、、、なぜかお茶の間に浸透したトレンディエンジェルなどなど。約40名の芸人が大集結です。

    日本テレビ(CTV中京テレビ)のお笑い系と演芸系各番組は、ことしもこだわりが随所に光っています。

    テレビ東京系 【27:00~29:25  初笑い!朝まで爆笑寄席2017】

    若手実力派から、超大物芸人まで、充実の1番組。
    お正月はやはりこの番組がないと過ごせないという人も多い、本格寄席番組です。

    東京大阪の2元放送で、人気の秋元玲奈アナも元日から拝める大サービス。
    大阪司会の 西川きよし師匠をはじめ、藤井隆、椿鬼奴と番組の引き締まり感が別格です。

    重鎮では中田カウス・ボタン、西川のりお・上方よしお、大木こだま・ひびきと、いずれもこの日この時間帯の芸では、しっかりまとめてくれる安定の面々。
    漫才ですがお正月から正座して聞いておきたい、番組になるかもしれません。

    若手は各賞受賞者も多く含んで実力派も多くウーマンラッシュアワー、ジャングルポケット、パンクブーブー、キングコング、ライス、笑い飯、コロコロチキチキペッパーズ、とろサーモン、スリムクラブ、相席スタート、二丁拳銃、カシスオレンジ、ギンナナ、ザ・スリーなどなど。書ききれないほどたっぷりご用意いたしております。

    NHK総合 【4:00~4:45  富士山 森羅万象~大山行雄が撮る神秘の素顔~】

    NHK総合 【4:45~5:00  祝舞 石橋 和合連獅子~金剛流~】

    (金剛流 和合連獅子 ※番組とは無関係です)金剛永謹さん(金剛龍二十六世宗家)、金剛龍謹さん(金剛龍若宗家)

    今年はなんと8Kの超高精細映像での撮影を、ハイビジョン画質で試験放送中。

    いかにもお正月らしい富士山と金剛流の和合連獅子という、縁起物を超ビッグなスケールで展開です。

    NHKはさすがにこういった正統派番組をこの時間に・・・毎年いろいろな番組がありますが本当にセンスもレベルも高く、この時間には全員起きて正座をしてみるのが毎年の恒例というお宅も、全国には数多くあるようです。

    あとからDVD販売されることも多い風景系シリーズと、この時期この年限定作品として、あとはアーカイブでしか楽しめないものも多いということもあり、中身は本当に充実。


    録画必須ですね。

    (富士山 イメージ写真)

    フジテレビ系  【5:00~7:00  うどんが主食presentsアナとウドン】

    フジテレビで2016年10月、新人アナウンサー5人が初MCを担当し、大好評だった番組スペシャルで第二弾を敢行中!

    今回も新人アナウンサーがカリスマグルメレビュアーの「うどんが主食」とアンタッチャブル柴田英嗣と同行し、使える絶対に失敗しないうまいお店で、トークとまわし力を鍛えながらの画面発表番組です。
    2016年入社組は上中勇樹、 鈴木唯、堤礼実、永尾亜子、藤井弘輝といずれもご両親ともにつわものぞろい。

    全開で大笑いだった第一回放送からの一回り大きくなった姿をみんなでじっくり確認応援するとともに、いまこの時にしかない新鮮な笑いも楽しめてしまう、注目の番組です。

    さすがにバラエティでもこうした番組作りでは、好感もそして番組作りにも定評アリの企画ですね♪

    この記事を友達に教える
    • つぶやく
    • シェア

    同じカテゴリーの記事

    あれっ!同一人物?人気芸能人の現在を卒業写真と比較!整形疑惑あり?

    芸能界には、可愛い女子や素敵なタレントが勢ぞろいです。さぞかし、学生の頃から目立って可愛いかったんでしょうね。ちょっと卒業アルバムや卒業写真を見てみましょう・・・あれ、なんとなく面影があるけど、顔が違ってない?なんか顔をいじったんじゃないのと、疑惑がでてきましたよ。皆さんにもこれらの写真と現在を比較してもらうよう、ご紹介します。

    2017.08.20

    【皇室】秋篠宮家の長男・悠仁親王さまには障害がある?発達障害の噂や補聴器をつけた画像も…宮内庁文化祭では実物大信号機を出品していたけれど…?

    2015年の宮内庁文化祭で実物大信号機を出品していた秋篠宮家の長男・悠仁さまに発達障害があるのでは?という噂がまことしやかに囁かれています。補聴器と思われるものを耳につけて公に現れた写真もあり難聴なのではとの声も…!?障害の噂は本当??

    2017.09.14

    関連記事

    無愛想で表舞台に出てこない事で有名な声優・石田彰が壊れて始めている?!やっぱり原因はアニメ「銀魂」のせい?!

    人付き合いが苦手で滅多に表舞台に出てこない人気声優の石田彰さんが2012年頃からだんだんと露出が増え始めたそう。アニメ「銀魂」で桂小太郎役を演じ始めてからちょっとキャラが壊れてきた? そんな石田彰さんについてまとめてみました!

    2017.02.02

    関連するキーワード

    キーワードからまとめ記事を探す

    Dailyランキング

    Weeklyランキング

    Monthlyランキング