派閥と会派の違いは?会派は政党とも少し違う?

政治

最近、派閥の政治資金パーティー収入裏金化事件を発端とした派閥の解散のニュースを目にすることが多いと思います。

これまで、安部派の清和会、岸田派の宏池会、二階派の志帥会の3つの派閥が解散を発表しました。

ここで、ふと思う事なのですが、

派閥と会派の違いって何?

今日はこの違いについて説明していきます。

会派って何?

まず、会派について説明します。

2024年1月現在で、日本にどのような会派があるのか見ていきましょう。

  • 自由民主党・無所属の会
  • 立憲民主党・無所属
  • 日本維新の会・教育無償化を実現する会
  • 公明党
  • 日本共産党
  • 国民民主党・無所属クラブ
  • 有志の会
  • れいわ新選組
  • 無所属

以上の9つの会派があります。そして、ふとここで見なさん思いますよね?

政党と会派って違うの?自由民主党・無所属の会って何?

はい、そうなんです。政党と会派は違うのです!

会派は、議院内で活動を共にしようとする議員のグループで、勿論同じ政党に所属する議員で構成されるのが普通ですが、政党に所属していない議員同士で会派を組んだり、複数の政党で一つの会派を構成したりすることもあるのです。
そして、会派を組むことで、院内で一定の地位や便益が付与されます。

では、政党はどのようなグループのことを言うのでしょうか?
政党は、皆さんご存知の通り、政治について同じ意見をもつ人たちがつくる団体のことを言います。
会派との違いは、会派の機能が衆議院・参議院に限られているのに対して、政党は衆議院・参議院に限られていない点です。

わかりやすく考えると、
政党を組んだ人たちが、また何かしらの地位や便益等を得るためにグループを組んだのが会派
ということですね。

派閥って何?

では、派閥とは何でしょうか?これはイメージつきやすいと思います。

具体的に言うと、先ほど名前が挙がった、安部派の清和会、岸田派の宏池会、二階派の志帥会のようなことを言います。

つまり、同じ政党の中で、考え方もしくは利害が近い議員が集まったグループと言うことができます。

まとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか。

「会派」、「政党」、「派閥」の違いが良く分かったと思います。

これからは、ニュースで「会派」、「政党」、「派閥」の言葉が出てきても、正しく理解することができますね!

今後もこういった政治の気になる言葉について解説していく予定ですので、楽しみにしていてください!

ではまた!

コメント