グラタンとドリアの違いとは? 違いはライスの有無?

料理

グラタンもドリアもどちらもホワイトソースをかけて、オーブンで焼くのはそうなんですが、、
あれ、
グラタンとドリアってどう違うんだっけ?

今日はグラタンとドリアの違いについて解説します。
最後にグラタンのレシピも紹介します!

グラタンとは

実はグラタンは「オーブンなどで料理の表面に焦げ目を入れるように調理する」という調理法、およびその調理法を用いて作られた料理の両方を意味します。
つまり、この調理法を用いたものは全てグラタンなのです!

この言葉が転じて、お皿に魚介類・肉等を入れ、それにホワイトソースをかけ、更にパン粉やチーズ・バターをかけてオーブンで焼いて表面に焦げ目をつけた料理もしくはその料理法のことを言います。

エビグラタンやマカロニグラタン、カレーグラタン等もありますが、グラタンの定義から考えるとわかりやすいですね!

ドリア

一方ドリアは、バターライスやピラフの上にホワイトソースをかけ、オーブンで焼いた料理のことを言います。

シーフードドリアやカレードリア等こちらも色々ありますね!

「ん?で違いは何なの?ドリアってグラタンの1種なの?」

はい、説明します。

グラタンとドリアの違い

結論から言うと、グラタンとドリアの違いは大きく二つあって、①発祥地と②ライスの有無です

グラタンの発祥地はフランスのドーフィネ地方ですが、ドリアの発祥地は日本(横浜)です。
実はドリアは1930年頃、横浜ホテルニューグランドの総料理長だったサリー・ワイルが、体調を崩した欧州の銀行家のために即興で提供した料理と言われています。

また、グラタンはライスを入れませんが、ドリアはライスが入ります

グラタンドリア
発祥地フランス日本(横浜)
ライスの有無無し有り

んー、確かに、そういわれると、グラタンはライスが入ってないし、ドリアはライスがありますね!

はい、皆さんいかがでしたでしょうか。
グラタンを今すぐ作って食べたくなったと思います。私もお腹が減ってきたので、ご飯を食べるとします。

ではまた!

コメント