エイとマンタってどう違うの?見分けるポイントを説明!

動物

皆さんは水族館に行くことはあるでしょうか。そしてその時にマンタやエイを見かけたことがあるでしょうか。
マンタやエイを見たことがある人は、その時に子どもから
「エイとマンタってどう違うの?」
って言われたことはないでしょうか。
はい、私はあります。
言い方だけの違いでしょうか?いや違います。きちんと違いがあるのです。
今回はエイとマンタの違いについて解説していきましょう。

まず、エイについてですが、
エイは板鰓亜綱(ばんさいあこう)に属する魚類で、骨格が軟骨で出来ており、また鰓裂(さいれつ)と呼ばれるエラが5~7対ある動物の総称です。
ちなみに、板鰓亜綱(ばんさいあこう)にはエイの他にサメがいます。

そしてエイは以下の4つ種類に分かれており、その中でトビエイ目と呼ばれる種類に属しているナンヨウマンタとオニイトマキエイが通称マンタと呼ばれています。

  1. シビレエイ目
  2. トビエイ目 (ナンヨウマンタとオニイトマキエイ)
  3. ノコギリエイ目
  4. ガンギエイ目

では、そのマンタとエイの違いはどこにあるのでしょうか。

それは大きく、
「口のついている場所」
「泳ぐ場所」
「毒を持っているか」

の3つとなります。


順に解説していきましょう!

①口のついている場所

エイは主に、カニやエビ、貝を食べています。もちろんそれらは海底にいるので、それらが食べやすいよう、エイの口は下についています。

一方でマンタの主食はプランクトンです。プランクトンは海に漂っているので、それらが食べやすいように、マンタの口は正面についています。

②泳ぐ場所

さきほども書いた通り、エイは海底のカニ・エビ・貝を食べているので、海底を泳いでいます
マンタは海中を泳いでいます


エイは口が下にある⇒海底のカニ・エビ・貝が食べやすい⇒海底にいる
マンタは口が正面にある⇒海中のプランクトンが食べやすい⇒海中を泳いでいる

と考えるとわかりやすいですね!

③毒を持っているか

エイはアカエイなど、尾のトゲに毒を持っているものがいます。このサイトにあるようにアカエイに刺されると、アナフィラキシーショックによる意識障害や呼吸困難を引き起こす可能性もあり非常に危険です。
一方で、マンタには毒はありません。

みなさん、いかがでしたでしょうか。

エイとマンタは
「口のついている場所」
「泳ぐ場所」
「毒を持っているか」

で見分ける、ということが分かりましたね!

これで子どもに
「エイとマンタってどう違うの?」
って聞かれても大丈夫です。


また、エイとマンタの違いを知ることで、その動物が住む場所と体の構造との関係性が良く分かったと思います。

ではまたお会いしましょう!

コメント