ひょう(雹)とあられ(霰)とみぞれ(霙)の違いは?

地理

1月になってきて、かなり寒くなってきましたが、皆さん元気でお過ごしでしょうか。

東京では、つい先日ひょうのような雪が降って、大変でしたね、、

あれ?

ひょう(雹)とあられ(霰)とみぞれ(霙)ってどう違うんだっけ?

この記事では、ひょう(雹)とあられ(霰)とみぞれ(霙)をそれぞれの違いがわかるように解説していきます!

ひょう(雹)

まず、ひょうですが、直径5ミリ以上の氷の粒のことを言います。

実はひょうは寒い冬よりも5月や10月などの春や秋に降ります

これはなぜでしょうか?その理由を説明します。

  1. 春や秋は地表は暖かいのに対し、上空に冷たい空気がやってくる時があり、この時に積乱雲が発達
  2. 積乱雲の中では、上昇気流が強いため、氷の粒が下に落ちることができず、周りの氷の粒とぶつかって大きな粒に成長
  3. 粒の直径が2cmぐらいになると、上昇気流が支えきれなくなり、落下
  4. 落下する氷の粒は、溶け切らずに氷のまま地表に落下

あられ(霰)

次はあられです。

あられは、直径5ミリ未満の氷の粒のことを言います。

あられは、ひょうの様に上空で粒同士がぶつかってぶつかってと繰り返すことが無くてもあられくらいの大きさになるので、冬に降ることが多いです。

みぞれ(霙)

最後にみぞれです。

みぞれは、雪と雨が混ざった状態を言います。

冬のシーズンの最初に降ることが多く、これが初雪と言われることも多いです。

まとめ

最後にまとめですが、

ひょうは、直径5ミリ以上の氷の粒

あられは、直径5ミリ未満の氷の粒

みぞれは、雪と雨が混ざった状態

のことでしたね。

皆さん、いかがでしたでしょうか?

ひょうやあられ、みぞれの降る季節や降る理由も理解すると、覚えやすいですね!

地理に関することもまだまだわからないことも多いので、今後も解説していきます。

ではまた!

コメント