今旬な話題をお届け!

【ミヤネ屋】宮根誠司がスキャンダルにあまいワケ☆

全国の主婦が見ていると言っても過言ではない「情報ライブ ミヤネ屋」。MCの宮根誠司は、強きにツッコみ、スキャンダルに寛大!?その理由、調べてみました♪

  • tasya
  • 2016.07.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 56

    view

  • 宮根誠司のプロフィール

    最初は局アナ、現在はフリーアナウンサー

    出典: up.gc-img.net

    最初は局アナ、現在はフリーアナウンサー

    1963年、島根県出身
    大学進学以降、大阪府在住

    関西大学経済学部出身
    1987年、朝日放送に入社
    1990年、ABCテレビ「おはよう朝日です」
    リポーター→司会へ

    2004年、朝日放送を退社、
    フロム・ファーストプロダクション所属で、
    フリーアナウンサーとなる。
    2005年、テレビ大阪を除く在阪準キー局全てで
    レギュラー番組を持った。
    2006年、「情報ライブ ミヤネ屋」が放送開始。
    開始当初は関西ローカル番組だったが、
    順次、放送局を増やし続け、全国ネット放送に
    2010年、㈱テイクオフ(TakeOFF)へ移籍

    複雑な女性遍歴を持つオトコ

    離婚、そして再婚

    出典: blogs.c.yimg.jp

    離婚、そして再婚

    最初の結婚は、
    1993年1月、元モデルの一般女性と。
    (イラストレーター、
    黒田征太郎氏の娘さん)
    2004年7月に離婚。

    次の結婚は、2006年8月、
    出版社におつとめの一般女性
    と再婚。現在の奥様。

    でも、本当は・・・

    1993年 結婚
      ↓

    夜のお店のホステスと交際
    もちろん不倫!

    彼女とは別に、
    もう一人の恋人(現妻)とも交際
    (出版社におつとめ)
    不倫の上に二股!

      ↓

    2004年 離婚
    二股交際は継続

      ↓

    2006年 再婚
    出版社におつとめの彼女と結婚
    ホステス=愛人との不倫は継続!

      ↓
    2008年 愛人が出産

      ↓
    2011年 妻が出産

    2012年 隠し子(愛人の子)報道

    スクープされた隠し子! その時ミヤネは!?

    突然の謝罪

    出典: blogs.c.yimg.jp

    突然の謝罪

    2012年1月6日発行の
    「女性セブン」が
    宮根誠司の隠し子をスクープ報道

    電光石火の早業

    1月6日の「情報ライブ ミヤネ屋」
    の冒頭で、宮根はいきなり頭を下げた。

    「まずは年明け早々なんですが、私どものことで世間の皆様、大変お騒がせいたしまして申し訳ございませんでした」「『女性セブン』さんで報じられた私どもの記事はすべて事実です。その記事をご覧になりまして、『宮根には失望した。がっかりした』と言われる方が大変たくさんいらっしゃると思いますが、また心を新たに皆様の期待・信頼に少しでも応えられるように一から頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。大変お騒がせ致しまして、すいませんでした」

    出典:宮根誠司、隠し子報道について「ミヤネ屋」で謝罪

    この「謝罪報道」を「いさぎよい」とする意見もありますが、「内容についてまったく触れず、週刊誌を見ていない、ほとんどの視聴者は意味がわからなかった」という意見のほうが分があると思います。

    「ツッコミMC」でも「スキャンダルに寛容」

    矢口:特に関係者の皆さまにも本当に多大なるご迷惑をかけてしまったので。 宮根:世間様にはご迷惑をかけてませんからね。

    出典:【コメント全文】矢口真里、涙をこらえて語った『ミヤネ屋』1時間30分の記録「芸能界は伝えなきゃいけない場所」

    配偶者がありながら、他人との肉体関係は、法律、社会規範、性のモラル、どの点においても容認できるものではない。報道に携わるなら、社会の公器としての自覚を持ってほしい。 断じて、不倫を「世間には迷惑かけてない」行為と、報道しないでほしい。

    「あのベッキーでも軽率な行動取るんだって、ちょっとホッとしたというか。ベッキーも人間なんだって。今まで完璧だったじゃないですか。でも普通の女の子だったんだな」「実家に行ったら結婚のあいさつみたいなイメージするじゃないですか。僕は違うと思う」

    出典:“二股隠し子過去”宮根誠司の強引すぎるベッキー擁護に「感覚がおかしすぎる」

    あまりに残念なコメントです。普通の女の子は不倫しません。少なくとも、不倫経験のある女性が、未経験の女性を上回ることはないでしょう。拡大解釈すれば、日本女性を侮辱、とも言えます。番組独自の意見は重要だと思いますが、公序良俗に反する意見を堂々と述べる感覚は「おかしい」と言われても仕方がないと思います。

    かくして「ツッコミできないMC」誕生!

    当のご本人が、不倫、二股、隠し子(認知済み)、
    という、恋愛遍歴の持ち主。

    本来なら、他人の醜聞に意見することすら
    控える立場だと思います。

    しかし、そこは情報番組を発信する側のヒト。
    スキャンダルにまみれたヒトを、
    サポートしたり、擁護したり、と
    常に日向の側から、意見せざるを得ないのです。

    これからも「スキャンダルに弱いMC」としての
    活躍を期待してます(苦笑)

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    エンタメ情報を毎日お届けします

    この記事を友達に教える
    • つぶやく
    • シェア

    同じカテゴリーの記事

    関連記事

    関連するキーワード

    キーワードからまとめ記事を探す

    Dailyランキング

    Weeklyランキング

    Monthlyランキング

    話題のキーワード