今旬な話題をお届け!

角田信朗の嫌われっぷりがスゴイ!?「ついに本性出た」と格闘技界からも辛辣な意見。

松本人志に対しての共演NG告白ブログで世間から批判を受けた角田信朗。そんな角田信朗の格闘家時代の様子について厳しい意見が次々とあがっているようです。今回は松本人志との共演NGで話題となった角田信朗の格闘家時代の噂について紹介します。

  • gism_new
  • 2017.01.30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3,465

    view

  • 格闘家時代から嫌われ者だった!?角田信朗のプロフィール

    それでは格闘家時代の話題が浮上した
    角田信朗についてまずはプロフィールを
    見てみましょう。

    名前:角田 信朗(かくだ のぶあき)
    生年月日:1961年4月11日
    年齢:55歳
    身長:171cm
    体重:95kg
    出身地:大阪府堺市

    角田信朗の主なタレント活動歴

    ・テレビ番組
    天才てれびくんワイド
    角田信朗チャンネル 〜魂のもと〜
    クイズ☆タレント名鑑 USC 〜史上最大ガチ相撲トーナメント
    AKBと××!

    ・映画作品
    難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版スペシャル ローンシャーク
    ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影
    ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃
    ゴジラ FINAL WARS
    ウルヴァリン: SAMURAI
    迷宮カフェ

    角田信朗、松本との共演NG告白で本性露わに!?

    今月16日に松本人志との間に起きた
    共演NGについての告白をブログで行った角田信朗。

    しかし角田信朗のブログ内容を知った松本人志は
    角田信朗との共演NGとなった経緯について...

    と逆に角田信朗の行動に問題があったことを告白し
    角田信朗はさらに批判を受ける形となってしまいました。

    しかし今回の角田信朗の様子を見て格闘技界からは
    角田信朗の人間性について次々と悪い評判に関する
    証言が出ているようです。

    角田信朗、古巣・正道会館関係者からも嫌われていた?

    角田信朗といえば正道会館の最高師範代として
    活躍していた頃もありました。

    そんな古巣・正道会館関係者は
    当時の角田信朗について次のような発言をしています。

    他人に嫉妬ばかりするし、言動がいちいち女々しい。ちょっと揉めただけで10年は恨まれるから厄介。

    出典:角田信朗 空手界から厳しい評価も「他人に嫉妬ばかりする」 - ライブドアニュース

    とにかく角田信朗は関わりたくない人物だったようです。
    今回の松本人志への発言にも「やっぱり、こうなったか...」と
    思った方も中にはいたようです。

    角田信朗、リングス参戦で空手業界から嫌われた!?

    無名だった角田信朗を格闘家として一躍有名にしたのは
    1991年に参戦した前田日明が代表を務めた格闘技団体リングスへの参戦でした。

    プロレスはガチの格闘技と違いますから、エンタメに走ったことに対して、白い目で見ていた同業者は多かった。

    出典:角田信朗 空手界から厳しい評価も「他人に嫉妬ばかりする」 - ライブドアニュース

    当時のリングスは真剣勝負を売りとしたガチンコ団体という触れ込みでしたが
    実際はガチンコとワークがミックスされた団体だったと噂されています。

    そういった団体に参戦したことで角田信朗にも
    空手関係者から疑いの目が向けられてあまり良く思われていなかったようです。

    角田信朗、後輩でエースだった佐竹雅昭に嫉妬し陰口。

    さらにリングス参戦時、角田信朗が所属していた正道会館には
    後のK-1ヘビー級で活躍した佐竹雅昭がエース選手としてリングスに参戦し
    連勝を続け様々な媒体に取り上げられるなどしていました。

    しかしその時も角田信朗は...

    そんな行動を取り続けいた角田信朗が原因で
    佐竹雅昭は正道会館の石井館長との険悪になってしまったそうです。

    また佐竹雅昭は自身の著書で角田信朗に批判的なコメントをするなど
    未だに2人の関係はあまり良くないようです。

    角田信朗はK-1時代も嫌われていた!?武蔵も現在角田とは交流せず。

    角田信朗はリングス参戦後、立業格闘技K-1で現役選手として復帰し
    熱い試合を繰り広げました。
    しかしかつての後輩、武蔵も角田信朗について厳しい発言を
    テレビ出演時にしています。

    角田の引退試合を最後に、12年にわたり角田を無視し続けてきたという武蔵は、その理由を「めちゃくちゃ面倒くさかった」と吐露。「(トレーニングを)自分からお願いしたことは一度もない」と嫌悪感を露わにし、関係修復には至らなかった。

    出典:角田信朗が松本人志との確執を暴露 面倒くさい性格は有名で弟子の武蔵も12年間無視|ニフティニュース

    テレビの企画でも和解という形を拒否した武蔵の態度を見る限り
    よほどのことが角田信朗との間にあったと推測されます。

    しかし、角田信朗の人間性について伺えるエピソードが
    プロレス界からも出ています。

    角田信朗がプロレスラーにも暴言吐いていた!?

    さらに角田信朗の「裏の顔」が垣間見える
    発言について元プロレスラーの松永光弘のブログでは
    K-1参戦時にセコンドが角田信朗に言われた一言について
    次のように振り返っています。

    そこで、角○さんに

    「どうせ負けんだからよ~」


    と言われたとの事でした。

    出典:松永光弘公式ブログ「またくるゆるさん」 K-1こぼれ話(2000年)

    松永光弘のブログでは伏せ字になっていますが
    当時K-1ルールミーティングには角田信朗も関わっていたので
    ほぼこの伏せ字の人物は角田信朗の可能性が高いです。

    試合前の選手関係者にたいして
    あまりにも配慮のない言葉に真の人間性が見え隠れしています。

    角田信朗について世間の声

    それでは格闘技時代の様子が話題となった
    角田信朗についてTwitterでの反応を見てみましょう。

    Twitterでも角田信朗にたいして
    すっかり「嫌われ者」のイメージが定着してしまったようです。

    まとめ

    角田信朗にかんする格闘家時代の様子をお伝えしました。

    はたして今後、角田信朗は嫌われ者のイメージを
    払拭することができるのでしょうか?

    引き続き、角田信朗についての話題に注目したいと思います。

    この記事を友達に教える
    • つぶやく
    • シェア

    同じカテゴリーの記事

    新日本プロレス・柴田勝頼が硬膜下血腫で試合後、緊急手術へ...過去には亡くなったケースも

    新日本プロレスのプロレスラー・柴田勝頼。そんな柴田勝頼が両国国技館でのオカダ・カズチカ戦で硬膜下血腫となり緊急手術をおこないました。柴田勝頼の試合後の様子は?過去には硬膜下血腫で死亡したケースも...など。今回は柴田勝頼の硬膜下血腫についての話題をお伝えします。

    2017.04.12

    北島康介が薬物疑惑で逮捕秒読み!?引退理由はドーピング検査で引っかからないため?現在の活動は?

    元競泳選手でオリッピックで金メダルを獲得し、日本中を熱狂させた北島康介。そんな北島康介の引退理由についての「ある噂」が流れています。その理由はドーピング検査を避けるためだった!?と言われているので、「薬」や逮捕についての噂と現在の活動についてご紹介します。

    2016.10.30

    関連記事

    千野志麻の人身事故から3年たった現在は?賠償金の支払いは文字事罰は下る?エリート夫の癌は回復?子どもは慶応?

    元フジテレビアナウンサーの千野志麻が起こした人身死亡事故から3年。現在の千野さんの様子はどうなのでしょうか?支払った賠償金や裁判費用は?速水もこみちには懲役2年執行猶予3年の判決が下ったのになぜ千野志麻は賠償金だけなのでしょうか?エリート夫の経歴なども一緒にまとめました。

    2017.10.13

    関連するキーワード

    キーワードからまとめ記事を探す

    Dailyランキング

    Weeklyランキング

    Monthlyランキング